<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

プロフィール

C.T.T.松山

C.T.T.は"Contemporary Theater Training"の略で「現代演劇の訓練」の意味です。

演劇やダンスなどの舞台作品を少しでも成長させるために、
少しでも多くの本番を。

「試しにやってみる舞台」を提供する場として、1995年に京都で発足し、
名古屋、広島、大阪、岡山、仙台など全国に広がっています。
2011年3月6日、C.T.T.松山でも初めての上演会を開催し、活動を開始しました。

演劇の訓練法は様々ですが、C.T.T.は観客と創る経緯を共有するというのが大きな特徴です。舞台芸術は観客との出会いで完成します。そして場数を踏むほど、作品は豊かなものに成長していくのです。観客と創り手の関係の中から、信頼する評価が生まれてくることを信じています。

C.T.T.松山事務局長 鈴木美恵子(NPO法人シアターネットワークえひめ 理事)
このページの先頭へ