<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< C.T.T.松山vol.19 みなさんの感想 「殺されなかったクックロビン」秘密結社S.A.G | main | C.T.T.松山vol.19 みなさんの感想「Re:Λ(リファインラムダ)」パッチワークス >>

C.T.T.松山vol.19 みなさんの感想 「10月31日元年」along

0

    【2017年2月4日(土)18:30〜】
    ・嫌いじゃないけど芝居にする意味は?
     おもしろいです。くやしいですが。ただ2回見たい作品ではないです。もったいないと感じました。
     途中チカチカする所、声聞きとりづらいです。レベル下げた方がいいかと。でも音響良かった。
    ・面白かった。前情報で笑いのやつじゃないとあったけど、それがこれなら笑いのやつのときはどうなるのか気になった。
    他の人が話してるときにゆれるのがリズミカルすぎて気が散った。不規則の方が個人的にはすき。
     別の作品も観たいです。
    ・3人で4役まわすというのがおもしろいなと思いました。
     体の動き、おもしろかったです。
    ・リアルだなあって(笑)
     私が世界で一番キライな人種の生々しい日常がおかしくてタマリませんでした。
     あとほぼずっと動きながらしゃべってるのって地味にスゴイ。
    ・ダラダラした動きなので、説明はもっとハッキリしていたほうが分かりやすかったかも。両方ダラダラするとテンポが悪い。 ラストへの流れは良かった。(留守電のところから)
    ・作品として楽しめた。
    ・独特。構成含め純粋に面白い。ダンス的に観てしまうが。それでも面白い。
     声と音との関係をもう少しねった方がいいかも。
     1発目のインパクトはGood。最高です。ゆーまろさん好きです。
    ・とても面白かったです。何度も笑ってしまいました。
    ・The21才という感じ。“時代”てあるんだな・・・。でもそれを“表現する”のって、難しいと思うので・・・。「21才」を見ました。
    ・背景設定が地元ネタで、セリフの中だけで空気が伝わります。
     あったこその語りの中で非現実的な表現が、それでいてメリハリがついていてよかったです。
    すんごい独特なスタイル!引き込まれました。
     少し聞き取りづらい部分がありました。
    ・長ゼリ、多くてすべてぬけた。かつぜつ気になる。
     音が流れてくるとき、声がききとりにくい。
     音が流れてくるときとイスのシーンが長くてあきる。
     音のときの照明が長いとしんどい。
     長ゼリと会話で照明をかえてもいいかも。うっとうしいかも。
    ・元年がわからない。
     動きをみせるなら大きくみせてほしい。
    ・一番良かった。シュールさ、世界観、セリフのチョイス。
    ・舞台の使い方が良い。
     ゆーまろの台詞まわし(脚本のことです)はすごくよかった。
     いい脚本だなと思いました。もっともっと色んな動きをみたかった。
     ぽんみゆちゃんの集中力には脱ぼうです。すごかったし、えらかった。
    ・交差する声の大きさ、タイミングもっと合うとかっこいいなあ。
    ・ぽんみゆかわいかったよー!もっと声出そう!
    ・不思議な世界観でしたが、ストーリーが分かりやすく、笑いに重きを置かないと聞いていましたが、シュールな笑いが連発で、個人的にはすごく楽しめました。
    ・CTTらしくて好きでした。
     こういう作品で噛んでしまうのは、ちょっと致命的になるんだなと思いました。
     消費されるために生産された作品のように感じました。面白かったけど、私は残る作品が好きです。こう書いたけど嫌いじゃないです。
     やってみてどうだったかが知りたいです。
     共感度高いです。うなずきながら見てました。若者っぽくて好きです!印象的。
     ゆーまろさんの演技好きです。松下君、イケメンですね。ぽんみゆお疲れ様!
    ・センスが良い。都会的な雰囲気が出ていた。
     振り子のような動きは良かった。どのような意図で動きをさせていたのか?
    ・長セリフおつかれ様です。すごいですね。たまに聞きとり難いところがありましたが、おもしろく見ました。
     動きがおもしろくて、あきませんでした。
    ・独とくのくせになりそうなリズムで展開される。見入ってしまいました。
    ・カオス、でも笑えた。内容は記憶に残らなかった。
    ・後ろ向き、横向きになった時にBGMに声が消されてきこえづらかったのが、とてももったいない気がした。
    ・セリフの言いまわしが今どきな感じで新鮮に感じた。
     聞きとりにくいところもあったが、時間の流れ方もたのしめた。
    ・とても内容がつまっていておもしろかった。
    ・学生の感覚ってこうなのかなって思いました。
    ・単純に面白かったです。
    ・途中まであのテンポでみれた。只、目が飽きてきたのか、もう少し場面の変化が早い方がいいと思った。独特なテンポ。
     リズミカルなダンスとお話のどーでもいい感じ、めちゃくちゃ好き。途中のゆーまろさんの表情、ズルいですね。
     サイゴらへんのチカチカのシーン、イス回転のところ新しい、好き。
     (アフタートークをきいて)これも十分素晴らしいと思いますよ。〇さか?カワイそうやなあ…そしてイケメン。
    ・なんだこれ〜好き〜。まなべのウザさ、いい。
     くせになる間。でも少しランタイム長く感じてしまった。
     身体表現もっと見たいと思った。顔芸(笑) 想像からくる動きでしたか。なるほど、2回目見たらより楽しそう。
     時期のこと答えていただきありがとうございます!納得しました!!
     音好きでしたけど、音レベルの問題かもですね。
     こういう抜けてそうで抜けてない作品好きです。
    ・動き乍らの言葉との意味がくみとれにくかった。 年令差もあるのではないかと感じた。
    ・前半は、早口のセリフを聞くのが少ししんどかったです。ただ、ダンスの作品という形で話を進めているのが面白いなと感じました。
     こまかい表情が好きでした。
    ・一人称って面白くならないと思ってましたが、こんな風なやり方があるんだあ。まだまだ面白くなりそう。3人とも素敵でした。人が替わっても面白そう。
    ・どういう風にストーリーが進んでいくのか、最後まで楽しませていただきました。
    ・普段見ている演劇とは違う感じで最初はビックリしました。リアルな話ですごくドキドキしました。
     1人1人のセリフ回しが好きです。
    ・C.T.T.としての完成度は素晴らしいものがありました。何か異次元的な要素が入れば面白そうとも。
    ・非常にテンポとタイミングの良い、おもしろい表現でした。
    ・役者(特に1名)の高い演技力にひきこまれた。笑いをさそうのがとても上手い。このままどこまでも高所を目指してほしい。 演出も面白かった。
    ・スッキリのポーズ?
     ボンドのくだりは何?
     ひらい君のでばんの少なさ。
     ありえるよねー。友だちからバレるって。てか今の子って何してんの。色々とダメだと思う。
    ・ラスト、女性の「終わった」の台詞でcut offの方が好み。
     動きが単調。三人のリズムがほぼ同じなのは意図的か?
     動きにしたら「ユルイ」ので、コンテでもない。
     三人目の登場までが面白かった。
    ・音楽の台詞の最後に来るところの1Hzかっこいいですね。

     

    【2017年2月5日(日)13:30〜】
    ・他の劇とは違って新鮮でした。
    ・おもいつかない表現たのしかった。
    ・動きはあまりおもしろくなかった。ダンスではない身体の動き→あまり動いてなかった。
    ・松下虎太郎が綾野剛ににているのに初めて気づいた。
    ・思ったより、通じる物がありました。
    ・日常生活をみてるような、アニメ?みたいなものを見てるような感覚になりました。
     好きだなあっと。
    ・けだるそうな話し方が、途中しんどく感じました。好みの問題かも…。ところどころなら、おもしろいかなと思います。
    ・ものまねでは心うごかない。
    ・ジワる。個人的に好きです。なぜだかうんうんうなずきながら見てしまいました。
     王子ではないこたろうくんを見れて、新せんでした。
     分かりやすく、すなおに楽しめました。
    ・山戸が凛々しかった。
     ゆーまろくんの芝居は心地良いです。また来ます。
     松下くん初めて観ました。とても気になる子でした。今後も期待!
    ・チェルフィッチュなめんな〜(笑)
    ・前回とは違うalongを見られてよかった。
     演出は個人的に好きな手法でした。すごく引き込まれました。
    ・この演技スタイルは見たことがあるような。チェルフィッチュでしたか!しかし、よく身につけた!すばらしい。
     3人とも良かった。台本もラストも秀逸。
    ・語りだけ!?ダンスは・・・。ゆる〜い感じの語り。作品がとても面白かったです。
    ・21歳の人間の生活、特にSNSとの関わりあたりが新鮮だった。
     一番リアルで、どうしようもなさ、しょうもなさが書かれていた気が・・・。
    ・世界観がすごかったです。
    ・ずっと楽しかった!!
    ・独特な感じでまた見たいと思いました。楽しく観れました。
    ・面白すぎる。やりたくてもできるもんじゃない。すごい。¥1,000で岡田俊規見れてラッキーみたいな。
     役者全員すごすぎる。もう一回みたい。
    ・演出が新鮮で話の転回もテンポが良かった。
     面白い作品づくりだったから余計に、又、新しい作品への期待がもてる劇団だと思いました。
    ・おもしろかったです。ただ音響とかぶって声がきこえないシーンがありました。
    ・とても勉強してると思った。他とは違うかんじがした。
    ・テンポがよくて、語りもセリフくさくなくてとても面白かったです。
     若者の感じが妙にリアルでした(笑)
    ・言葉が多く面白かった。もっと面白いのを見てみたい。

    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.19 * 13:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 13:42 * - * - * - -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ