<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< C.T.T.松山vol.19結果発表 | main | C.T.T.松山vol.19 みなさんの感想 「10月31日元年」along >>

C.T.T.松山vol.19 みなさんの感想 「殺されなかったクックロビン」秘密結社S.A.G

0

    【2017年2月4日(土)18:30〜】
    ・なぜこの本を選んだのかナゾ。この場で何をしたかったのか・・・。
    音響がちょっと全体的に大きいし、安っぽい。
    ぜひオリジナルの作品が見たい。
    男役を女性がやる意味は?
    ・面白くもなければ感情が動かされることもない。何がしたかったのかよくわからなかった。
     会話のテンポや噛みあいが芝居のものではない。
     全てのセリフが話を進めるためだけにあるようで残念だった。
     アフタートーク中の態度が悪い。
    ・物語性がまとまってて、みてて純すいにたのしめました。
    ・衣装・演技ともに独特の世界観がクセになりました。
     あと、男役?の方の演技好きです(笑)
    ・とても練習されていて役者さんは良かった。
     内容をどう観て良いのか分かりにくかった。流れは良かったのでオチがほしい。
    ・ちょっと難しかった。
    ・展開が面白かった。
    ・次はどうなるのだろうってわくわくしながら見てました。
    ・チーム名が好き。(秘密結社)
    ・女性だけなのにかっこよかったです。
     終わりの時点でのネタバラシをはっきりしているわけではないが、雰囲気で読ますのはすてきです。
    ・少し長く間を感じる所がありました。ですが、とても良い作品でした。
    ・役者が一定調子でしゃべっている。
     立ち位置が重なって見づらいところがあった。(刑事が三人のところにきたときの終り)
     音(電話)の位置が気になる。役者(音の位置)は○○なのに上手からきこえた。
     幕にあたらないよう。(布団)
     上手のサス、二本いる?足すとしたら立ち位置がもう少し後ろだと思う。
    ・起承転結はあった。
     時代・内容、ギモンあり。
     人間味がもう少しほしい。
    ・全員の声にはながある・・・。すごいなと思いました。
     もっともっとクックロビンという人間を教えてほしかった・・・。もっと2音もあってよかったと思う。
    ・みなさん、おつかれ様です。長いのになったら見せて下さい!
    ・衣装がよかった。
     恋におちる音がベタだけどわかりやすかった。
    ・みんなかわいかったよー!これからも頑張ってね!
    ・1番理解できなかった。
    ・お疲れ様でした。衣装素敵でした・・・!
     クックロビンの人、高校演劇の大会で見たことあります。なんだか、なつかしい気持ちになりました。
    演技が固いように思えたので、もうちょっとリラックスして見たかったです。
    最初の役者さんの緊張がこっちにまで伝わってきて、ドキドキしました。上からですみません。
    SEのフェードアウトが気になりました。ケータイの音の出所にも違和感。
    C.T.T.で観れて良かったです・・・。
    ・刑事の助手がクックロビン?
    ・まとまっている舞台だと思います。
     見やすいです。
     衣装が可愛いです。
    ・間の取り方、話の展開に興味をそそられる作品だと思いました。RPG?
    ・面白かった。
     ストーリーにマザーグースからめる必要性を感じなかった。
     タイトルと最後のセリフは意味がわからない。
    ・もうすこしていねいに設定をつくりあげてけいじBをつけ加えてもらえると、もっともっとストーリーが面白くなったとおもう。
    ・ストーリーが意外でたのしめた。
     セリフもよく聞こえた。
    ・すごくおもしろかった。
    ・誰が殺したクックロビンをモチーフに おもしろかった。
    ・魚さん、良いですね!
    ・お話のスピード感が物足りなかったかなと思った。観ている僕はあまりハラハラしなかった。間がつらかった。
     奇妙なお話。3人と2人の構図からの最後までのキレイな流れ。なぜ、殺してほしかったんだろう。気になる。
     長編の刑事ものがみたい。イケメン、好き。
     (アフタートークをきいて)自然にくみこまれたクックロビン、お見事です。なるほど、解釈の幅が広がりました。
     みなさんお疲れ様でした。森田さん、お疲れさまです。
    ・2.5次元舞台みたいだった。アニメ喋りが気になる。少し。
     みはるさんすごい。書き足してたの全然気付かなかったです。すごい。
     クックロビンいけめん。二次創作がはかどりそう。
    ・全体的に表現するところを強調したりしたらもっと楽しかったかな?
    ・性格の違う3人と刑事2人のやり取りが良かったです。
     最後に、クックロビンのしょうたいが分かってそれが面白いと思いました。
    ・赤い服の人が男と理解するのに間がかかったので、一度遠ざかってしまいました。
    ・ストーリーがそのまま進んでいくのかと思っていたら、どんでん返しがありと思っていたらまたラストにどんでん返しがあって、最後まで飽きずに観ることができました。
    ・有名なマザーグースがテーマなのでどんな話かワクワクしていました。
     途中でクックロビンの正体には気付きましたが、1つ1つの表情がとても自然で、つかまるまでだまされてました。
     すごく皆様いきいきしていて楽しかったです。
    ・演劇としてはとても好きなタイプでした。
    ・ちょっと物語の結末が??ですが、前半の3人の関係の演技が面白かったです。
    ・全部がなぞ。最後まで。言葉のやりとりがとても自然だった。
     クックロビンとは何だ?パタリロですか?演技は良かったですよ。
    ・何の点数?10満点の。
     結果的に犯人なし、事件性なし。オチは何?何がいいたいの?
     人生やりなおすとしてもやり方がダメでしょ。てか3人とも愛人?セフレ?よくあんな男好きになるよね。ないわ。彼女売るようなやつと。
    ・間のたっぷり取れる役者の強さ。
     暗転しなくても話はつながるのでは?
    ・赤い服かっこいいですね。 

     

    【2017年2月5日(日)13:30〜】
    ・クックロビンは、刑事の男の人だと思いました。でも、なぞが多くて「?」という感じでした。
    ・演技力すばらしかった。
    ・比較的シンプルだったかなあ。
    ・少し途中が間のびしたのが惜しかったと思います。
    ・クックロビンを思ってした犯行なのか。内容はちゃんとあったんだと思うけど中途半端だったように感じた。でもやり込めばすごく面白くなるんだなって。
    ・クックロビンは、3人が同じように好きな人で、守りたい人で、逃がしたんですよね。刑事の件はまた別件で、2人にしか分からないやつだと思いました。
    ・場面が想像しづらい。
    ・イス席の3列目から見てました。座ったりねころがったりしていたので、とても見えづらかったです。
     個々の能力に差がありすぎる気がしました。
     もうすこしお客さんを意識してほしかったです。
     最初から最後までいたいたしかったです。
    ・みんなの夢の続きをもっと観たくて投票しました。ぜひ!セレクションに!ぜひ県外進出を!
    ・マザーグースを借りて、自分たちは何を表現したかったのか、ということを再度よく考えてほしい。
     台本にリアリティがない。(リアルなことをしろという意味ではなくて)
     役者としての動きについても・・・ムダな動き、意味のわからない表情が多い。
     演技が中途半端なのがとにかく見ていてつらい。若い集団のようなので今後に期待。
    ・童話モチーフの物語。大好きです。それぞれのキャラクターも良かった。
     裏の裏をかかれた?・・・いや、もしかするととても単純だったのかも(笑)とても良かったです。
    ・容疑者として認識されることが実はオチだったというのは面白いと思う。ただクックロビンのイタズラに協力する理由がもっとみたかった。
     くろちゃんの演技、好きでした。
    ・考えながら見て、おもしろかったです。
    ・先輩刑事さんに対して特に感じたのですが、全体的に演技の質がバラバラなのが気になりました。
     ストーリーはシンプルなので、もっと間をつめて作っていく方が良いかと思います。
    ・「はえ」役の方の間の取り方は、疑問である。
     はえと警察との関係が弱い。アフタートークを聞いて納得。台詞で想像出来た方が良いと思った。
    ・次のS.A.Gの脚本かかせて下さい。
    ・推理小説みたいな話だったと思った。
    ・自分の中で話がつながった。本当に初めての演劇で色々と感じるものがあった。
     

    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.19 * 13:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 13:39 * - * - * - -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ