<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< C.T.T.松山vol.18 みなさんの感想 「石の心」ウイリズィーニ | main | C.T.T.松山vol.18 みなさんの感想 「≠(ノットイコール)」 パッチワークス >>

C.T.T.松山vol.18 みなさんの感想 「アサ、テントノヤサシキクマ」 劇団だるまど〜る

0

    ●2016年9月3日(土)18:30~
    ・一度は見てみたかった脳内イメージ。
     光で心の先を表現しているところにもすごく良さが感じられた。
    ・かいちゅうでんとうおけ…いい部分と残念な部分がありました。
     最終的に私はちょっと分かりにくい印象をもってしまいました。すみません。
     役者の表情が見えず「声」だけというのはちょっと足りない感じがしました。
    ・イヌ、ネコの鳴き声を出したのはつながりがよく分からなかった。(少し強引過ぎる)
     相撲は土俵際の攻防がないと面白くない。ダンス踊ってるくらいにしか見えなかった。
     力士が全ての取組決まり手を面白おかしく演じる動画がyoutubeで見れます。
    ・楽しかった。けどタイトルがよく分からなかった。文で読んでみたいと思った。
     懐中電灯での演出はたのしかった。タイミングが合えばもっとよかった。
     30分で上手く完結した印象です。
     アフタートークでタイトル意図がわかってすごくよかったです。その意図が好きです。
    ・ライトをもっと強いものにしたらいいと思いました。アクマとテンシの2人の動きが
     座ってる真ん中の人の頭の中でおこったのはわかりました。
    ・壮大なようで小さな話だった。脳内会議ってことでよかったんですかね
    ・光量が足りない。暗い。ひたすらライトを振られて気分が悪くなりました。
    ・揺らぎすぎー。照明の練習をもっとすると効果的だったと思う。
     照明がキラキラする。この照明の意味は?
     役者の表情や動きが見えないのはもったいない。視力悪い人には辛いー。
    ・テンポがとても良くて面白かったです。懐中電灯の演出も上手で好きです。
     状況もすぐ把握できましたがけっきょくタイトルのアナグラム解読できません
     アフタートークで理解しました!!なるほど!と思いました。
    ・逆に見えない部分が面白かったです。
    ・かいちゅう電灯だけは面白いと思いますがま、まぶしい…!!!
     判決までが少し長く感じました。あとチラチラしてよいそうでした。
    ・照明が手持ちの電灯だけというのはいろいろできておもしろそうだと感じました。
     暗転の中での言葉遊びがテンポよくて好きでした。
    ・はっきり言ってつまらないです。事態が何一つ展開しません。
     この芝居の会話のほとんどはお客さんは予想できると思います。
     先が分かっているから見ててつらいです。
     悩んでいる女の子の生活がもっと見たいです。
     照明を使わず、ライトだけという案はおもしろいです。会話のテンポが悪いです。
     おそらく10分程度におさまる話だと思います。
    ・予想の範囲内で進行し、もう少し裏切って欲しかった。
     照明(懐中電灯)がアイデアは有るも単調に見えた。
    ・懐中電灯を使った表現は面白かったけど、
     役者の身体の動きが見えづらいのは残念だった。
    ・日常の中にある小さなかっとうをおもしろく表現していると思いました。
     目が疲れました。
    ・ずっと暗転というのは面白かったです。
     3者の意識の方向として、ライトを演出として、意図的に取り入れると
     もっと良くなると思いました。
    ・劇場じゃなくて古民家などでの演出なら面白いのではと思いました。
     後列に座っていたのですが遠目から見ると。手動の音が目立った気がします。
     声がとおってていいなぁと思いました。
     あの2人は妖精なのか友人なのか脳内の自分なのか…!
    ・まぶしかったです。会話が3人になったところから面白かったです。
     前半の会話の間が気になりました。
    ・しりとりで言い合いをしているところがすごかった。
     何で言い合いしているのかと思ったらデザートを食べるか食べないかで(笑)
     懐中電灯を使うのも独特だった。
    ・モチーフの割に長い。単調に過ぎる。
    ・コミカルな感じがしました。
    ・言葉遊びや影絵の演出などは面白かったです。
     30分ずっと暗いというのはわりとストレスでした。
     懐中電灯を使うアイデアは面白かったです。
     あと、落としどころとかはスッキリ、きれいでさすがだなぁと思いました。
    ・ライトの使い方、言葉遊び、とってもおもしろかったです。
     フランスの昔の群劇みたいな雰囲気を感じました。
     「楽しみながらこういう考え方もある」とすごく伝わってきました。
     テーマが平和なのにメッセージもあって安心感がすごかったです。
    ・まぶしい。あと視点が限定されるのもったいない。見たい所がまぶしい。
     特別なことにこだわらないでいい。
    ・言葉遊びが深くまでつくられていて純粋にすごかったです。
     ただ、とりあげる題材がありきたりすぎてワクワク感がなかったです。
    ・心の葛藤がテンポよく楽しかった。ライトで揺れ動く心がよく表現できていたと思う。
    ・ライトの演出がいらない気がしました…。あまりおもしろくなかった…。
     照明を主役の人の思考と比例して明るくするとかどうでしょう。
    ・よくセリフをかまずに言えるなと思いました。理性?さんの動きが面白かったです。
     暗い中、声がいろんな所から聞こえてくるのも面白かったです。
     セリフも凝ってるなと思いました。「しりとり」とか
    ・題とのつながりがわからずでした。アフタートークでわかりました。
     表現はポイズンベリー的な?考えている側の表情がもっと見たい。
     悩んでいる感が少ないような
    ・オチ、面白かったです。暗い所で2人が話すときのコトバあそび?も良かったです。
     でも時々見えない(暗いとき)ときにどちらの声かわからないことがあったので
     対極だと思うので声の高低、話し方、変化されたらわかりやすかったかもしれません…
    ・面白かったです。長さを1/3にして他のお話を2つ観たかったです。
     というのは完全に好みの意見です。色々やってください。楽しみにしています。
    ・2人のかけあいが面白かったです。
     動く時に鈴の音がシャラン〜とするのが妖精?ぽくてよかった。
     照明方法が面白かったけど時間がたつと少しあきてくるし目が疲れるので
     何か変化があるといいかも。
    ・光の演出がとても面白かった。
     言葉が同じでもイントネーションは句読点の位置で変わる遊びが面白かった。
     1人の人の悩み、人の原点なので分かり易く楽しめた。

     

    ●2016年9月4日(日)13:30~
    ・要所でかいちゅう電灯の方が、目がちかちかして、
     且つ、演者の顔がよく見えたのではないかなぁと思いました。
     電灯をつかうのは面白いと思いました。
    ・おもしろい!光、暗闇、音、声、言葉遊び…全ては選ぶや選ばないか。
     選択の連続…その表現の仕方が面白かった。
    ・ことばあそびが入っていてセリフが面白いなと思いました。
     ただ、目がちかちかするのと、長く感じました。
     暗転の中であれだけ動けるのはすごいと思いました。
    ・演者の方々がそれぞれ楽しんでいる様子がみていて嬉しかったです。
     あと話しの内容に一番共感しました。
    ・暗闇でやる意味が分かりませんでした。
    ・暗くて…ケーキはイチゴがいいと思います!
    ・言葉あそびとオチがとても面白かったです。
     ただ、どういったことで議論しているのかがもう少し早くほのめかされていたら
     もっと面白かったかもしれないと思いました。
    ・言葉まわしがすごい面白くて、楽しく見ることができました!
     オセロも拝見しましたが、また別の視点で手法は似ているのに新しさを感じました。
     みい子さんお疲れ様です。イヌのケンカがかわいかったのでもっとくっきり見えるよう
     背景を幕ではなく、何かつっ立てをおけばもっとくっきりしたかと。
    ・これはコンテンポラリーですか?
    ・情報の大部分が耳から入るのに黒服の女性2人の声が似ていると最初の5分で飽きる。
     アルトとソプラノとか、かっこいい声とかわいい声とか
     台本上似ている声の方がいいのだろうけど、そういう差があった方が。
     目がしんどすぎてずっと目を伏せてました。
    ・えんぎがおもしろかった。私なら考えずねる。
    ・よくわからなかった。
    ・前回公演「オセロ」の方でしたね!巧みな言葉遊びに感動しました!
     それと、僕自身あまり劇は観たことなかったのですが、
     照明ではなくライトだけでの演出、とても新鮮でした!
    ・セリフがわかりにくい。話が同じことのくり返しで発展が最後のみ。
     オセロに似ている。
    ・おもしろい取り組みだと思った。ただ少し目に悪かったです。
     後、もう少し主人公の心の変化をみてみたいと思いました。
    ・脳内会議。頭の中であるある。と思った。言葉遊びも実験的で面白い。
     照明も懐中電灯のみ。好きだ。単純な事でも人間って難しく考えるんだよね。
     と思いました。面白かった。
    ・心の葛藤が上手く表現されててとてもよかったです。
     長い台詞もかまずに言えててすごいなと思いました。
    ・言葉遊び、とてもよく考えておられるなと思いました。
    ・しりとりのところがうまくできているなと思いました。
     決めたのに、次はどっちのケーキにするか悩んでいるところも(笑)
    ・ことば遊びがおもしろかった。台本書くとき悩んだろうなぁと。
     演出もハンドライトや影絵やとてもおもしろかった。
     2人のキャラをもっと強くわけてほしい。真面目でガマンガマンの方はまずまず。
     ワクワクを優先する方はもっと無邪気に天真爛漫に表現してほしかった。
     身体を大きく使えてたのもよかった。ちなみに私はワクワク派。
     (バシャールさん、引き寄せの法則、さいとうひとりなど思い出した)
    ・斬新ではあるけど、前半が笑い所も少なく見てて辛い。
     やっぱり顔とか動きも全然見えないし、もったいない。目がチカチカした印象。
    ・どうしてこのタイトルなんでしょうか、気になります。暗号ときますね。
     新しいこれまで見たことのない舞台だなと思います。
     きっと誰の心にもある状況を目で見られてとても面白かったです。
     もっと色んな感情(選択肢)がありますが2人というのが丁度いいですね。
    ・懐中電灯の使い方面白い。狙い通り、30分なら大丈夫でした!
     セリフつまるのおしい。早口で難しいのはわかるけどリズム的に頑張ってほしかった。
     二人のテンポを大切にもうちょっと練習出来てたら…
    ・目がちかちかしました。でも掛け合いのところが面白かったです。
    ・単調
    ・懐中電灯を使って見せる発想はおもしろいが
     終始、そればかりは見ていてつかれる。表情もよくわからない。
     話(ストーリー)がおもしろいだけに残念。
    ・言葉遊びが1番最初のC.T.T.のやつと似ていたが演出が違った。
     台本読むともっとその言葉が面白いのかなと思った。途中目をつぶってきいてました。
     ちょっとオチが弱い。電球のついてない方がミスでなくて消えなかったのがミスなのが
     きていて面白かったです。
    ・もっと面白くなるような期待をしてしまいました。
     黒い女性2人の役者さん同士のかけあいがもっとかみ合ってほしかった。
     ライトでの見せ方は面白かったです。
    ・「オセロ」も拝見しましたが、脳内というか天界というか…
     という視点から見た善悪の複雑さ、みたいな話が多いのでしょうか。
     抽象的なイメージで出すなら、表現のアイデアや方法をもっと豊かにした方が
     見やすいとは思います。明かりを懐中電灯の制限するなら、なおさら。
     退屈してしまいます。言葉遊びのセンス良いですね。無駄な演出は好まない派ですか?
    ・懐中電灯使ってたのがすごいなぁと思いました。
    ・こういう話が個人的に好きです。
     めちゃくちゃマジメに議論しといておやつの話っていう流れがすごくお気に入りです。
    ・最後までライトがつかず…意外な演出にびっくり…。場面の動きはないものの
     言葉の巧みな掛け合い(しりとりになってるトコ)が面白かったです。
    ・明かりの演出は面白かったです。最後のオチもすっきりしてて好きです。
    ・暗闇は人間の脳内に思えた、自己決定までの思考の様子を描いているのかと。
     ただ、選択するのがデザートを食べるかどうか…には??エーッ
     懐中電灯は思考かなと思った。
    ・デザートは大事ですね!終わって全て腑に落ちた!
    ・懐中電灯の演出が良かったです。
     ネタバレもあってわかりやすかった。言葉遊び良かった。
    ・後半になるにつれ面白かった。タイトルの意味がよくわかりません。
     トークで謎が解けました。天使と悪魔というか心の中の両極の意見をもった存在なのか
     と思っていました。面白かったです。まぶしくなく、見やすかったです。
    ・脳内ポイズンベリーの様な内容だけど言葉のかけあいが何より面白かった。
     どこで区切るかで内容がかなりかわるんですねー。
    ・言葉の切れ目で意味が変わるというなんとも言えないチョイス。
     人生、選択の連続というのを実感。対比の表現でライトで照らし合うのは
     面白かったけれど見づらかった。(目が疲れた)
    ・日常的ですがテーマが取るに足らない悩みで時間をかけて見るに(見せるに)
     はんぱな気がします。徹底的にギャグコントにした方が個人的に好みです
    ・言葉のかけあい(しりとりのところとか)上手につくっているなと思いました。
     ただ、少し光が疲れました
    ・私もよく頭の中で議論します。それを表現してもらい
     見てて少し救われるような気持になりました。
    ・テンポがよかったです。ライトの演出が良かった、もっと良くなると思った。
    ・とってもおもしろかったです。笑える所もあってよかったです。またみたいです。

    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.18 * 10:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 10:10 * - * - * - -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ