<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< C.T.T.松山 vol.18 結果発表 | main | C.T.T.松山vol.18 みなさんの感想 「アサ、テントノヤサシキクマ」 劇団だるまど〜る >>

C.T.T.松山vol.18 みなさんの感想 「石の心」ウイリズィーニ

0

    ●2016年9月3日(土)18:30~
    ・僧の動き一つひとつが良かった。
    ・お疲れ様でした。30分でどんなものが、と思いつつ、楽しかったです。
     1日ずつ変わっていくのが色々と期待できて楽しかったです。
    ・不気味で身ぶるいしました。
    ・観て楽しいとは思った。ただ何を言いたいのか、伝えたいのかが分からなかった。
     時間が短かったのか中間を省きすぎ
    ・お経うまかったですけど本当のお坊さんですか?
     女の人の死からマイム?の変化がもう少しあるといいと思いました
    ・坊主が部屋にあらわれた場面は恐くて、ずっとドキマギしていた
     まさか内臓を食らうとは思っていなかった。
     最後の方のシーンと最初の方のギャップがすごい。終わり方がキレイ。
     顔的にぼさつ感があった。
    ・ありがたいです。最後の照明はすばらしかったです。
    ・坊さんが食らう価値のある対象だったのかなー
     後半の部分を伝えるのに前半の展開は必要なのだろうか。
     人間食らう所、エヴァみたいだった。吐き気がした。
     演出のねらいだったらハマりましたね
    ・こわかった…お腹が痛くなりました…
     お経が上手だったです。
    ・タイトルからは想像もつかないような展開にびっくりしました。
    ・少女と僧が出会った時にどういう状態なのか分かりにくかったです。
     少女が制服なのだから下校中なのかな?と思いましたが
     カバンでも持っていたらよかったなと思います。
    ・今までにない感じで新鮮でした。
     難しい点もかみくだかれていて伝わりやすかった様に思います。
    ・背中の傷はちゃんとあったので臓物は何かしらあった方がいいんじゃないでしょうか?
     暗転多いです。舞台装置はびっくりしました。
     「悪」は「人として行ってはいけないこと」というセリフがひっかかりました。
     その後のセリフすべてを否定しているような、というか矛盾している気がします。
     あと、笑い方→動機がない笑いは不自然です。
    ・女性の動きに合わせた、お坊さんの動揺っぷりが面白かったです。
    ・はたして石の心を持つ人は善なのか?
     二転三転してどうなるのかというドキドキがあって良かったです。
    ・ラストの後ろからの照明がきれいでした。
     役者いる時は声かけてもらえたら嬉しいです(笑)
     ぜんの話を作ったことがあったので共感できました。
    ・制服のスカーフ(?)が気になりすぎました。
     宗教色が強すぎてすこし拒否反応がでますが
     パンツをぬいだり殺しあいになったりへんなリアリティのある展開で面白かったです。
    ・脚本家の思いを言葉にしすぎかなと思いました。会話というより語りが多かったです。
     もう少しテンポが良ければすごく好みです。
    ・はじめは、僧と女の子の日々のやりとりが面白く、シーンが変わることによって、
     どんどんシリアスに、奥深くなっていってすごかった。
    ・中盤の事件までで終わった方が観客の想像力を刺激しただろう。
    ・一番引き込まれました。照明の方とは思えない表現力と思いました。またみたいです。
    ・様々な舞台を見てきた高山さんがどんな作品を作るか興味しんしんでした。
     ぶたいはシンプル。昔話か星新一のショートショートをみているようでした。
     初めてとは思えない。おもしろかったです。
     シンプルだからこそ存在かんが重く厚く話もいいなとおもいました。
    ・高山さんの演技が大迫力でちょっと怖かったです。
     伝えたいことをストレートにつめこんだシンプルさが好きでした。
    ・考え方は自分と合いませんが、想いがよく伝わりました。
    ・圧巻でした。書き表せないダメージを受けました(良い意味で)
    ・2人のかけひきがおもしろかった。
     部屋のシーンでのライトの演出がうまく表現されていたように思う。
    ・どうにも高山さんという人がちらついて、不思議でした…。
     人肉のシーンがお上手でよけい怖かった…。
    ・終わりの演出が良かったです。
     仏様が死んだ女の子の姿で問いかけてくるのが、
     お坊さんからしたら辛いだろうと思いました。
    ・これを演じるにはもっと掘り下げないとやりきれないような…深みがほしいです。
     そもそものきっかけ、とっかかりが弱いのでは?
    ・人を食うという設定が出てきたので驚きましたが
     最後の善悪につながるのが面白かったです。
    ・期待せずにと言われましたが期待しますよ!!
     どうか今回だけとか言わず、またやってください。うまく伝えられませんが
     私がきゅうりなら、見事に薄くスライスされたような気分になりました。
    ・舞台おもしろかったです。
     高山さんがいつか自分の芝居をやりたいとおっしゃっていたのが
     今、観ることができてよかったです。
     ばやしの神様役とてもはまってた。高山さんは女子高生好き!?
    ・演技も演出もテーマも良かったです。すばらしい。
     ただ大嫌い。ごめんなさい。殺人は嫌。食人はもっと嫌。見たくない。

     

    ●2016年9月4日(日)13:30~
    ・バヤシ先輩のセーラー服どきどきしてしまいました。
     エログロって言われてたのがよく分かりました。
     服が破ける細工、最後の幕仕掛けがすごかったです。
     この日の為に体を鍛えぬいた高山さんお疲れ様でした。
    ・石になりたい…の思想はわかる。のだけど…
    ・すごくリアルな演技でゾクゾクしました。
     バヤシSPもいつもと違う感じですごかったです。
     服が破けるのはビックリしました。おつかれさまです。
    ・最後の「石の心」をお坊さんが語られる時共感できました。
    ・食べる演技良かったです。
    ・高山さんのお芝居初めてでした。善と悪、人々の永遠の議題ですね!
    ・一言で言うと怖かったです…特に女子高生の後ろにお坊さんがいて
     じりじり近付いていくときは見ててすごくドキドキしました。
     最後の幕に映ったの、とてもすごかったです!
    ・私も「石の心」になりたいと日々思います。水林さんのセーラー服かわいかったです。
     一番ストレートな話だったかなと思いました。
     背景、最後のシーンは照明のせいで?どこか先がないような遠い所に見えました。
     平原?グランドキャニオン的なかんじです。
    ・面白い。わかりやすい演技でした。
    ・終演後の片付けまでしっかり見てしまいました。
     途中怖くなって泣きそうになりました。
    ・げき的に気持ち悪かったけどトークが良かったです
    ・途中までのシュールな笑いが続いたかと思えば、急に展開が変わってびっくりでした。
     お昼に田園ロールとあんドーナツ食べたばかりだったのですごくリアルな動き・表現に
     若干吐きそうになるほどでした。すごかったです!
     最後まで終わりが読めなくておおおってなりました!
    ・女性の役の転換がおもしろい。すっきりしていておもしろい。
     テーマは難しいが分かりやすい。
    ・とても魅力的なキャラクターで引き込まれた。ラストシーンが好きでした。
    ・善(コレでよいのか?)と悪。伝えたいことはLASTの方でわかりました。
     しかし、2人のやりとり部分が長い。少しショートにしてたら、後の
     善とは?悪とは?のつながりがわかりやすいかな。でも今後も楽しみです。高山さん
    ・ちょっとした笑いもあり、でもシリアスな内容でとてもよかったと思います。
    ・制服が不思議でした…リボンonリボンみたいな状態かなと気になりました。
     また死に直面した叫び、もっととんできてほしかったです。
     内臓を食べるってなかなかないことなので見たことないですが
     高山さんが一瞬本当に魔物にみえました。褒め言葉です。もちろん
    ・途中からの意外な展開がおもしろかったです。最後は納得
    ・坊主がダンゴ虫のようにはいつくばってから女の子を殺すシーンが間延びしてた。
     内容はおもしろかった。
     坊主の役者さん、この3作品に出てた役者の中でダントツで上手い。
     女子高生がいなかもんクサイので、やることと見た目に差がありすぎ。
     殺される前のtelシーンの話し方がわざとらしい。前半ナチュラル路線だったので
     Telシーンだけ浮いた。あと、高校生はあんなパンツはかないww
    ・高山さんの演技は初めて見ましたし、今後もそんなに見える機会もないので
     新鮮で流石だなと思いました。バヤシ先輩はただただ可愛かったです!!
    ・唐突に大変失礼な事をお聞きしますが進撃の巨人を見られたことありますか。
     善悪の話をきいた時、善は都合のいいものに対して使うことばだなと思いました。
     そのことを語ってるシーンが進撃の巨人にあったので気になりました。
    ・面白かったです。さすがとしかいいようがない!
     パンツぬぎだした時はあせりました(笑)
     女の子がカッターで切りつけるところは少しぎこちない感が出てたかな
     少女はけるとき、役がぬけてるのかなと感じるところがあった
    ・お坊さんの方が人でないものだと思わなくてびっくりしました。
    ・スカートの発想のみおもしろかった
    ・伝えたいことはよくわかった。考えさせられた。話もわかりやすくおもしろい。
     せまい舞台なので使い方が限られるとは思うが
     一番の盛り上がりの時はもっと迫力のある見せ方をして欲しい。
    ・最初の通りすがりだけでもバックあればよかったなと思った。ヘビーな内容でしたね。
     女生徒の部屋のシーンはやっぱりグロくて見るのが辛かったです。
     お経はちゃんと意味が合っていたのかどうか無知なのでわかりません。
     魅せ方がわかっているなぁとは思います。そぎおとしたセリフ、装置、
     私は貝になりたいと石が似てるなと思った。影の具合がよかったです。
    ・説法の部分を1番伝えたかったのであれば、演劇である必要はあるんでしょうか?
     アフタートークでお話されてましたね、すいません。
     「この脚本で何がしたいか」は大切だと思いますよ
     コメディ、ホラー、シリアスetc、作者が出したい雰囲気は分かりやすく出てました。
     照明よかったです。専門の方なんですね、流石です。
     個人で参加された勇気、尊敬します。
    ・いい子だと思っていたのに悪い子でびっくりした。ばやしちゃんすごいなぁ。
     役者の動きが何してるのか何を伝えたいのかよくわかったのですごいなと思いました。
    ・演技のうまさもそうなのですがやっぱり最後の照明がすごくよくて心奪われました。
     あと地味に怖かったです…。
    ・ホラー性の高い作品で驚きました!次どうなるかとかなりドキドキ…
     人の内面を掘り下げていくような哲学的な内容でした。
     最後に同じセリフを3回続けて言うところが印象的でした。
    ・高山さんの演技を初めて見せていただきましたがだんだん圧倒されました
     (うめき声・叫び声はトリハダです)
     照明もさすがといった感じで影の演出が特に素敵でした。
    ・TP心理学の考え方を取り入れた内容だと思った。
     今は別の瞑想がラストに入れ込み、終了させたように思う。
     僧であっても人間の欲はなくならず、仏教でお経を唱えても変わらない。
     パパジ、マハルシもように「在る」の心境までいかないといけない…のかな
    ・凄く怖かったです。うめき声を使いこなす様は圧巻でした。
     バサシSPの女と仏の変わりよう面白かったです。
     一旦ハケた方がよかったんですかね?
    ・石の心を求める者の中により強い欲望がある。
     夢の中のできごとか心の中のできごとか難しかった。
    ・思わぬ展開でした。石がうらやましいという気持ちはわかる気がします。
    ・コミカルな要素とシリアスな要素が組み合わさっていて強弱があり楽しめた。
    ・シンプルでシンプルすぎて。結末の展開に驚いた。
     人の心の奥にありそうな感情のような気がした。
    ・食らうシーンは血と内臓があった方が見せつけた方が
     後のシーンも神々しさがあるかもと思いました。
    ・下ネタ苦手…内容はわかりやすかった。
    ・不思議な話だった。伝えたいことは何だったのだろう。
    ・怖い、気持ち悪い…。楽しさがない

    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.18 * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 23:50 * - * - * - -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ