<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    C.T.T.松山vol.10 みなさんの感想「鎮痛剤」

    0
      最後は媛茶屋+の「鎮痛剤」
       

      昼の部

      ・子供もいたので「SEX」という言葉が少し気にかかりました。

       どちらかといえば大人向けの内容だったと思います。

      ・ちょっとよくわからなかったですがなるほどとうなずけました。 音楽のこだわりがよかった。

      ・冒頭がよかっただけに、もったいないなと思いました。中盤、失速したように思った。言葉ですべてを説明しすぎなので客に投げかけてもいいように思った。

      ・ドキドキしました!桜さん指名します!

      ・恋愛の考え方、捉えかたって人それぞれで何が正しいか分からないですよね・・・

       ただ本人達が幸せだなって思えることが正しいことなのかな?とか・・・。

      夜の部

      ・女性の表裏の掛け合いがgood 色気がすごい

      ・大前提である3人がセクシーでエレガンスであるということがとっても成立していて、最初からぐっと引き込まれました。3人ともいーなーと少しほれていたのに新人の一言であっさり腹の中をさらしてしまうのはとても残念でした。簡単にはさらけ出せないほど強く、傷ついていて欲しかったとおもいました。舞台空間の使い方や回転イスの使い方などとてもオシャレで素敵でした。

      ・女性的なセンスや見せ方がオープニングから期待させられます。リアリティがありつつも、どこかにありそうな話で特別なナニカではなくお店の日常を切り取った感じ。お酒をボーイさんが注いで飲むシーンとか一連が好きです。ぜひ次の公演も観てみたいです。

      ・衣装、音響、小道具、センスがよかったです。音楽の選曲はとても好みでした。皆さんスタイルがいい!

      ・女性4人ともそれぞれ雰囲気がありました。キュートで魅力的でした。回るイスの使い方も上手かったと思います。台詞、絡み方、自然で底力のある作家さんかなと思いました。即興も入れたりして。オチはあと一ひねりほしかったかなー まだまだ伸びそう!

      ・限られた人数のお芝居にも後ろを向いてナレーションしたりして工夫しているなと思いました。キャバクラのお姉さんはそんなこと考えているのかなって思いました。

      ・背景の説明とストーリーの繋がりが上手くいくと面白い内容でした。

      ・シュールシュールときての超リアル!女子会してる気分になりました。

      ・夜の世界の人たちも色々な人がいるんだなぁと。最後に三人とも素直になれたのかも。

      ・アフタートークで”東京で男性だけの劇団”を作られていたということを聞いて女性だけの話ではありましたが、男性な香りが出ていましたね。私は感じました。男性が感じるダメ女がプンプンしていたなーと思いました。私は好きなお芝居です。イスが四脚あったのと男性の方が出てられたと思ったので舞台のスペースをもう少し動いて使ったり男性の方もクロスして動きがあってもよかったとおもいます。でも全体的に好きです。また出てください。

      C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.10 * 11:58 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.松山vol.10 みなさんの感想「もち」

      0
        つづいては大和魂 「もち」
         

        昼の部

        ・暗転の時間が少し長すぎな気がします。できるならもう少し短くするか、薄暗いくらいのほうが集中が切れないと思います。

        ・お餅からの視点 なるほどと思いました。面白かったです

         ほのぼのとしました。歌もよかった

        ・安心して見れた。テーマなどがあったのなら分からなかった。

        ・お疲れ様です。ほんわかしましたー カビが生えてもTVで持ち上げられて注目されるならいいのかな?しかしもち的にはやはり食されたいですよね・・・。ちょっと長いかなと思ってしまいましたが楽しかったです。


        夜の部

        ・全体の流れがgood! 笑えます。

        ・物理的な移動が少なくても舞台上に動きを作り出せるものだなーと感心しました。

         やわらかいもちが固くなっていく様はもっともっと遊べるように思います。

        ・シンプルな構成ながら役者陣の技術が光りつつ衣装的にも見やすかったし分かりやすい作品。カビのコレクターがいるのかどうかは分かりませんが。

        ・戯曲講座の作品が!すてきな作品になってました!素敵!

        ・三人のフォーメーション絶妙!上手い!衣装の質感を一工夫したらもっと洗練されそう。

         ネタ中のもちソング笑えました。台詞のリズム感いい!途中でちょっとだけ飽きたけど楽しめました。

        ・装置も簡単だったけどシンプルだけど面白かったです。こんな表現の仕方もあるんだと思いました。

        ・視点とストーリーが面白かったです。

        ・間!!! 絶妙です。さすが。

        ・今度どこかでもちをみたらカビをさがすか声を聞こうとしそうになります。

        ・戯曲講座で一緒に受けていたので、特に思ったのですが リズム、台詞のないとき、暗転時もにしては(…とすみません生意気ではありますが…)上手くまとまっていたとおもいます。

        突拍子もないことをストーリーに仕上げており、役者さんと演出のバランスが取れていました。もう少しシャープにしてもよかったのかな?とも思いつつこれはこれで面白かったです。



         
        C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.10 * 11:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        C.T.T.松山vol.10 みなさんの感想「KAGUYA」

        0
          まずは劇団アフターV 「KAGUYA」
           

          昼の部

          ・最初は憲一さんがかぐやなのかと思いました。いっぱい笑えて面白かったです。

          ・安心して見れませんでした。正直面白くなかった

          ・3人の間の取り方、台詞のしゃべり方 トーンなど素晴らしかったです。

           面白かった。雑な内容だったかな。さぞ楽しい稽古だったのではないでしょうか。

           次回作楽しみにしています。

          ・憲一がなまりすぎな気がしました。 赤ちゃんを片手で持っているシーンが気になりました。

           

          夜の部

          ・出会いのシーンは不要?二場の座付きシーンから始めるのがしっくりきます。

           ボケツッコミがテレビ的でつまらない。タレントがやってることをやることないです。

           場転の銃暴発から着替え語りは面白かった

           カグヤのテーマも弱い。とってつけた感。落ちも弱い。

           田舎のテーマで追求したほうが見やすかったかも。今後の活動を楽しみにしています。

          ・みなさん台詞も動きもクリアでよかったとおもいます。舞台上がどうなっているのかがイメージしにくいので入り込みにくい感がありました。舞台上でなにが問題になっているのかあいまいなので共感しにくいところが多かったです。ボケや突っ込みに不要と思われるものがあり流れをとめてしまっている気がしました。

          ・もうひとつ笑いの間が・・・

          ・ウケを狙った動きや台詞がカタ通り。ツッコミ一本調子ぎみ。筋運び粗い。いっそ無理やりぶりを徹底して押し通してネタにするとか?最後のオチ、どんでん返しを期待してました。もうひとひねりできる余地アリ。役者さんイイ味持ってると思います。役者さんも作劇も少しトレーニングを受けたら大化けしそう。

          ・よくできていて、おもしろかったです。長い漫才を見ている感じでした。ツッコミが多かったです。

          ・コントとしては面白い瞬間がありました。

          ・脚本どこー? なところがいいとこなのかな!笑わせてもらいました。テンポの緩急でもうちょっと面白くなりそうなところが残念。

          ・いろんな事件が立て続けに起きているのに息子がタフに乗り越えていっててすごいなと。

          ・ストーリーの展開、役者さんの会話スピードが全く一緒で、ずーっと会話しっぱなし。

           ツッコミの部分もリズムも一緒。お父さんの銃の暴発のくだりは面白いと思うんだけど、リズムが一緒であるためにすべてが通して見えてしまいもったいない。もう少し話をシャープにすることもできたのではないかと思います。結論に向かうのが長すぎる。どの部分を重点的に伝えたいのかわからなかったです。舞台上をもう少し上手く使えばいいとおもうです。

          C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.10 * 11:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
          このページの先頭へ