<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

C.T.T.とは

0
    C.T.T.イメージ


    ■Contemporary Theater Treiningの略で「現代演劇の訓練」の意味です。

    ■「とにかく舞台を踏んでみたい」「演技や演出の実験がしたい」「作品の有り様を探るために観客の批評を受けたい」「自分の作品を舞台化してみたい」等々で発想されたのがC.T.T.です。

    ■終演後、観客により作品への投票をしてもらいます。また、作品をブラッシュアップするためのアフタートークをします。

    ■上位団体は、他都市のセレクションに参加できます。

    ■C.T.T.は、1995年、京都ではじまり、全国7都市で開催されています。

    ■演劇・ダンス・人形劇・その他アートパフォーマンスを志す人なら誰でも参加できます。

    ■1作品30分以内で照明・音響・舞台装置は簡素です。


    これまでのC.T.T.松山 上演会
    C.T.T.松山 vol.1 (2011年3月6日)
    C.T.T.松山 vol.2 (2011年6月4日,6月5日)
    C.T.T.松山 vol.3 (2011年9月3日,9月4日)
    C.T.T.松山 vol.4 (2012年2月4日)

    これからのC.T.T.松山 上演会
    C.T.T.松山 vol.5 (2012年6月30日,7月1日を予定) 申し込み〆切 5月10日


    セレクション上演会とは
    ■年間上演会の全作品の中から、得票数1位、2位の団体を選抜し、他都市のセレクションを勝ち抜いたグループを加えてセレクション上演会を実施します。(各地との上演交流)
    ■ここで得票数1位となったグループは、他都市のセレクション上演会に推薦されます。
    ■セレクション上演会に選ばれれば、制作負担等がなく他都市公演ができます。

    C.T.T.松山セレクション

    C.T.T.松山オープニングセレクション(2011年3月19日) 

    C.T.T.松山セレクションvol.2 (2012年4月21日,22日)

    C.T.T.松山 * C.T.T.について * 21:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    こんな方はC.T.T.に参加してみませんか?

    0

      ■場数を踏んで上手くなりたい人
      ■本公演前に試作品を観客の前で上演することで、できを確認したい人
      ■あたらしい手法に挑戦したい演出家やグループ
      ■劇団やダンスユニットを立ち上げるためのプレミア公演をしたい人
      ■作品の完成度をあげるために、観客に見てもらって批評を受けたい人
      ■自分の作品をいろいろな人に見てもらい、支持者を増やしたい人
      ■演劇・ダンス・アートパフォーマンスを志す人
      ■個人でもグループでも参加可

      C.T.T.松山 * C.T.T.について * 00:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.の出演条件など

      0
         ■作品条件
        ・上演時間30分以内
        ・舞台は簡素な素舞台が原則
        ※C.T.T.事務局は基本舞台と地明りを用意(オペレーターも)、それ以上の効果が必要な場合は参加者で用意。タイムテーブル内での仕込みができる。

        ■参加費
        ・参加者(出演者、演出家等)1人当たり2,500円。
        ・セレクション上演会では参加費不要。

        ■ステージ数
        ・2ステージ上演。
        ・各回終了後、合評会を実施する。

        ■チケット・チラシ
        ・必要に応じてチケット・チラシを参加グループに配布。
        ・売れ残ったチケットと売上金は当日会場にて精算。
        ・チケット販売ノルマはない。
        ・各グループ5名の招待券がある。
        ※招待者は投票権がないが、参加グループ×50円にて投票権を購入できる。

        ■参加グループへの分配
        ・上演協力金のうち50円×投票数を参加グループに還元。
        C.T.T.松山 * C.T.T.について * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
        このページの先頭へ