<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

C.T.T.松山vol.16 みなさんの感想 11/8(日)13:30〜「Λ(ラムダ)」パッチワークス

0
    ・主張をそのまま言葉にしないで伝える方法が演劇にはあるのではないかと思いました。感情や思いをあるがままはきだしてしまうと、(あるがままというのはきっと違うと思いますが)みている私たちは何もできないというか…。登場人物たちに近づくことができなくてさみしい気持ちになってしまいます。くやしい?もっとお客さんを信じてもいい…?←えらそうでごめんなさい。
    ・村山さんのかっとうの強さ、生きている上での苦しさが伝わってきて共感させていただきました。私は大学生ですが、私達世代にとって感じやすいお話だったなと思います。ドロドロしいお話でしたが、あまり手に触れられるような実感がない気がして、それはアニメとかっぽさといいますか、もったいない気がしてしまいました。えらそうですみません。
    ・特に返事をしたいような気持ちにはなりませんでした。なんだか自分の納得する返事しか受け入れてくれさそうなカンジがしました。王道の美少年受けもいいですが、美少年が攻めもいいと思います!!!!!!!!!!!
    ・装置のデザイン、配置が好きでした。遠近、高さの表現が魅力的に感じました。
    ・大人になれば、せっかくなったんだから。世間を気にせず、自分の意志でいこうよ。社会を…自分の未来を…決めていこうよ…というメッセージだったのかなと感じました。
    ・斬新な演出と舞台使いがとても印象に残りました。劇中の台詞まわしもすごくステキで台詞の一つ一つが胸に響きました。
    ・少しわかりづらい部分があったが、面白く、最後は感動的でじわっときた。舞台の使い方がうまいなーと思った。アイデンティティについてなど、深みがあって興味深いテーマだった。
    ・すごい話の展開が好きでした。最後に入っていた音響がすごい合っていて感情が盛り上がりました
    ・難しいところが多く考えてしまいました。発する声の力をもっともっと中央にあつめたら、さらにさらによくなっていくと思います。
    ・思わず見入りました。矛盾をうったえるシーンは好きでしたが現代のシーンの場面転換が分かりずらいところがあった。サルのところは動物園?でしょうか?
    ・難しいしばいでした。感覚で楽しみました。一番印象に残りました。メッセージ性は強いですが返事はまだ出せそうにないです。
    ・やっぱ「∀」が1番面白いです。
    ・世界観がすごいなと思いました。
    ・今回、すんごく泣きそうだった。よかった。すごくよかった。作風も好きだし、セリフも何もかんも好きだった。うーん好きだ。それだけです。
    ・お返事にならないかもしれないですがお返事させて下さい。絶対的居場所が欲しい気持ちやここにいていいんだよという保証が欲しい気持ちも分かります。でも自分が期待したり欲しい気持ち言葉を相手が必ず返してくれることは保証できないと思います。がっかりすることの方が多いです。でも私は逃げたりしないし、そばにいるので大丈夫です。
    ・「かくあれかし、そうあれかし」というワードが特徴的でした。むじゅんしていてもそこにいれるそこに生きている。という感じなのでしょうか?パッチワークスさんのふんいきがとても好きでした。
    ・テーマ性のあるストーリーも役者の演技もどれもすごかった!とても暗いストーリーなのかなと思っていたら最後のあのドンデン返し!!正直泣きそうになってしまいました。話のもっていき方がとても上手!!
    ・四方八方、どこを見ても常に楽しめる。色々と想像できる。赤メガネの男の存在が常に気になる。
    ・なんとなく理解できるような。前のは受け入れられなかったけど今日のは整理されてて少しみやすくなってました。
    ・不安定でありながら振れないバランスのとり方が面白かったです。言葉の羅列も惹かれました。難しいです。
    ・皆が言わないだけでずっと誰の心にもあるような不安に。答えがだされているようですごく嬉しくて泣いてしまいました。
    ・男1が結局何者であるかが良く…
    ・パッチワークスさんの今までの作品で1番まとまっている意味で納得?説得力ある作品だったかと思います。めちゃ文面過多なのは今の時代に合っている一方で、演劇としてみるのは15分〜20分程度が限界かな、うるさくて返事はできんでしょと思います。(割といつも思うので、(アンケートにもかいてるので)これは私の好みなんでしょうね)かわいい子が豊富ですね。目にとてもやさしい!!しかし舞台上を全て都合でうごく役者はロボットのようでつまらない。いつも同じような舞台、テーマな気がします。色強いですね。黒田早希さん?バリかわいい!!うま!
    ・今回の3作品の中で、ピカイチだった!!内容はちょっと若い…というが思春期よりかな…もう一歩深めたらもっと人生っておもしろい。メッセージの伝え方も、全員が舞台上で、ずっと演じてるのも、世界への引きこみにこうかてきだった。ただ、グッピーさんはもう少し“狂気(?)”をおさえた方が全体的にはよかったと思う。
    ・あと2割、言葉を台本を削れたのにと思いました。重複したものが多かったです。書ける脚本家みたいだからできるはずです。是非リライトを…。キャストのメンバーは、どの方もよかったです。
    ・「言葉に逃げるな」っていうのが、頭の何にのこっています。観ていて、心が苦しくなるなと感じたお芝居でした。まわりから(私もなんですが)すごい・良い・すばらしい人だといわれた人が、こんなことしているってわかってまずそれにおどろいてしまいました。それと、大きな大きな問題(←このかきかた、ちがうかもしれませんが)(同性同志の求愛、暴力、近親そうかん)に私が、ちゃんと向きあえなく?だからどう思ってみたらいいんだろうと思っていました。村山さんは、どう思われていますでしょうか…?浜口さん(グッピーさん)と岡さんが演じられていたのは村山さん本人ですか?言葉をうまく言えない人にとってはしっかり相手と話していたと思ったのでうらやましいなと思いました。(普段話すのがにがてで…)
    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    C.T.T.松山vol.16 みなさんの感想 11/8(日)13:30〜「Ugly,my ugly『ごんぎつね』」unit out_ugly

    0
      ・朗読面白いなー!!と思いました。ごんぎつねをきっかけに子どもの時に感じていた感覚を思いだしました。純粋なもの。まにあわなかったと思うんですが、さいご兵十はごんにきづいたんだなぁと私は思いました。
      ・細やかな「ごんぎつね」で美しく、ごんが純粋ですっと心に入ってきました。朗読、アフタートークでおっしゃられてたようにそれ以外ない作品だなと思います。「まにあわないこと」「すれちがうこと」あとの2作品と比べて一歩引いているスタンスがそんけいします。
      ・ごんぎつねを何年かぶりに見て、とても懐かしい気持ちになりました。優しい声でとてもよかったです。
      ・1人で特別大きな動きをすることなく、ずっと聴かせるということはすごく難しいことだと思いました。聴いていて苦じゃなかったです。明かりもきれいでした。
      ・間に合わない、確かに教育の題材としてありだなぁと。印象的でステキな舞台でした。
      ・後でお話をきいていて、深いなと思いました。
      ・なつかしい気持ちになりました。
      ・床に置いてある照明がとてもキレイで幻想的でした。
      ・白いあかりがきれいだった。準備がしやすいように、最初がこの演目ならよかったのではないかと思った。青の光は、どちらかというと星のように見えた。
      ・ライトを上手に使っていて美しくてすてきでした。初めてのろうどく劇たのしめました。これからも応援してます。
      ・学生の時に習った作品でしたが内容を思い出せた。言葉から情景がうかんできた
      ・子供の時に聞いた朗読会を想起させました。とても自然で心地よかったです。とくにごんの情景はよく伝わってきました。青色がまぶしかったです。
      ・朗読でした!
      ・ろうどくとかいう形はおもしろいなと思いました。ろうどくにした意図を聞いて、より深く考えることができました
      ・こんな話だったっけと思いながら、じんわりと話をきいていました。4つにライトと飾り。ライトはどんな意味だったのだろう。奥2つは分かった気がする。上手2つはフンイキ?ただ、ブタイの感じはとてもよかった。読み口も安心できる何かがあった。お疲れさまでした。ugly、なるほどですね。
      ・“間に合わない事”は小学生の時には出てこない言葉だなと思います。私は1人ぼっちな気がしていますが今まで間に合わない事もありましたがこれからもたぶん間に合わない事があると思います。
      ・劇ではなく朗読という新しいかたちだなぁと思いました。
      ・このようなタイプのものもあるんですね。何だか新鮮でよかったです。しかも読み方も引き込まれるような感じがあって特に最後の青い煙のところも使い方がうまくてよかったです。
      ・ライトのセッティングが素敵だった。音響も演出に加えたらもっとドラマチックになるんじゃないかと思う。
      ・音や動作などで少し動きをつけるともっとすてきかと。照明の演出はすてきです。
      ・眠りにさそわれました。
      ・あらためて「ごんぎつね」をかみしめることができてよかったです。
      ・とても良かったです。お1人での参加、本当に尊敬します!何を、ポイントに作られたのでしょうか?オリジナルを試演するC.T.T.でもう少しどこかチャレンジがあるとこちらももっと楽しめたかと思います!少し青い光がまぶしいです(´・ω・`)川も、兵中の家も、かへい?の家も墓も下手奥を向くことに違和感がありました…。
      ・朗読会や朗読教室に通っていたので、なつかしかった。時々アクセントや括舌の気になる所があったが全体的におもしろかった。もう少しドラマチックにしてほしいと思った。
      (特にラスト)演じてはいけないが、感情は入れる。ていねいに読む。
      ・改めてそういえばそういう話だったなぁ〜と思いました。雰囲気十分で「朗読」をたのしめました。そうかそれでブルーライトだったのですね。
      ・ごんぎつねをえりかさんが、よんでいるのをきいて、ごんぎつねのことものすごいいろいろ考えました。青い電球のあれ、さいしょは、はりきり網だ!と思ったのですが、あれがひかったときびっくりしました。ラストの青いけむりになったのは印象的にのこりました。えりかさんが、ごんぎつねに対してどれだけ、たくさん感じているのかなと想像しました。だから、私もいろいろ考えられたのかなって思います。あかりをおくことで、えりかさん1人しかでていませんが、シアターねこの空間、みたされてるなと思いました。さびしいなって感じしなかったです。
      C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 23:32 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.松山vol.16 みなさんの感想 11/8(日)13:30〜「病気」劇団まんまる

      0
        ・好きなお話です。ぞっとします。衣装や演技もっと異質な感じにしても面白いのかなと思いました。役者さんがみんなお上手。すごい。
        ・パワーがすごいなと思いました。役者さんたちのお力がすごいですね。あと衣装もすごい力をもってたと思いました。「死体」が舞台の上にあがっているという異常性がさらりと流されているような気がして、それはすごくもったいないと思いました。お医者がまともな人間であるべきだったのでは…。うまく言えずにすみません。
        ・笑いどころにしたいであろう部分はわかったが、間・テンポや文章などがうまく練られていなくて素直に笑えなかったです。でも勢いはすごく好きでした。女の人の声がきれいだと思いました。
        ・設定が少し気になりましたが、演劇としては最も観たいと、長編で、と思える舞台でした。
        ・間がとても丁度よくて、みていて心地よかったです。
        ・とてもテンポが良く楽しめました。夫役の人の演技が好きです
        ・アフタートークが面白かった。現実ならすぐ追い出されたり、通報されたりするように思った。もう少し展開に変化がほしいと感じた。(テンションが一定すぎる?同じことを延々と繰り返しているように感じるところがあった。)
        ・狂った人?の物語っておもしろいと思います。もっともっとすてきになると思うので、これからもまんまるさんみなさんで試したらいいと思います!また松山来て下さい。
        ・テンポがおもしろかった。山田さんの表現方法がよかった。分かりやすい作品だったと思います。
        ・おもしろおかしい世界観で2人しばいの「ピロシキ」にイシトている所があると思いました。静と動が大事なしばいなのでもっと差をつけるともっとおもしろくなると思いました。
        ・面白かったです。飲み行きましょう!
        ・コントおもしろかったです。劇団を見る機会がない私にとって、とてもわかりやすかったです。
        ・音響、最近ゲーム実況の動画できいた気がする。きいた。(笑)今回も笑いを期待。自分が前回みたのが、サイショの「ヤクザ」もののやつで勢いがよかっただけに、今回はクスッとくるところはあったが、すぐに引いてしまった気がする。サイゴの営業成績一位で、山田が笑ったというのは、一体どういうことなんだろうと思った。お疲れさまでした。
        ・私が医者なら泣いて通報します。事実に全員が気付いてるところが面白いと思います。
        最後、笑ったところにゾクッとしました。
        ・女の人と男の人がすごく独特なセリフの吐き方をしていておもしろかったです。その中にいる普通のお医者さんがよかったです。山田さん気になりますね
        ・ところどころのギャグがとてもおもしろかったです!オチもよかった。
        ・ハイテンション。つっこみどころが多々あり、楽しかったです。
        ・コメディおもしろいです。あとでくすっとくるような話しでまたみたいなと思います。
        ・体の動きをつい重視して見てしまうような、キレのある力強さがとても好きでした!
        ・本、演出、演者はセンスのかたまりですね。気持ち良いテンポでわらわせて頂きました。今回は下ネタ苦手な私でも楽しめました!!笑
        めっちゃ好きですー。全員が同じセンスなんだろうなーと、息の合った作品に気持ちよくなりました。面白い奴が偉い!わかる!!
        ・ギャグの間合いが今ひとつ。妻の演技、もう1つ深めてほしい。「演じてる」感が強すぎる。また、目線には気を付けた方がいい。下向きすぎで目力が使えてない。夫、なり切っててみせ方も上手(∧ ∧)
        ・おもしろいシチュエーションなのですがコミカルな演出をやめてそのままにじむような恐怖感を表現する方がおもしろかったのにーと思いました
        ・書かれた小川さんが今まで何をこれが、おかしかったりとかおもしろいんだとか、そういうのが、いっぱいあるんですよね。それがすごいと思います。
        今の世の中ってこんなにおかしくなっているのかな?とか考えました。殺人を犯してしまった夫婦がでてきて、山田さんをみてほしいといいますが、それを、お医者さんは、おかしい人たちだと思ってはいると思うんですが、なんか、普通に話しているのが、あとからこわいなって思いました。不気味にさせすぎなかったのがよかったのかなと思います。あまり笑ったりすることが少なくて、こんなところに笑ってほしいところがあるのか!と、他のお客さんが、ぶってわらったりすると、いいな笑ってるなと思いました。
        C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 23:31 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        C.T.T.松山vol.16 みなさんの感想 11/7(土)18:30〜編

        0
          11/7(土)の感想は、3団体まとめてご紹介します。

          C.T.T.松山vol.16 11/7(土)18:30~

          「病気」劇団まんまる
          ・口調やしぐさでなくストーリーだけで笑わせることもできると思います。
          そういうコメディが見たい。
          ・キレのある動きいいですね!!
          ・キャラクターが先行していた気がする。面白かった分、もっと作り込んでもらいたい。
          ・身体表現 ○役者さんのポテンシャル
          ○リズム感
          声に魅力があれば
          面白かったです

          「Ugly,my ugly『ごんぎつね』」unit out_ugly
          ・落ち着きますねぇ。今度直接質問させて頂きます
          ・ごんぎつねはいい話ですね。
          ・とてもなつかしかったです。
          ・昔読んだ話を今聞いて、違った感情が芽生えて、面白かった。
          こういう舞台も良いかなと思った。
          ・表現よみ ○声
          ○情感
          ○身体と声のつながりの流れ
          美しかったです 導入に難

          「Λ(ラムダ)」パッチワークス
          ・また語り合いましょう
          ・村山さんは劇団よりロックバンドの方が向いてる気がします。
          ・途中のふじょしのくだりは何か意図があるんですか
          ・ストーリーや設定、演出は面白いが使っている言葉が難しすぎたかなと思う。
          もっと時間をかけて見たい話だった。
          ・感情表現 ○印象的
          ○こなれ感
          狂気は意外に容易い
          物足りませんでした(もっと長いバージョンを観たいというイミです。)

          3団体まとめて
          ・おつかれ様でした。劇王よろしくお願いします。
          ・長じた点、足りない点がそれぞれの団体さん全く違って3作品全体としてとても良い時間でした
          C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          C.T.T.松山 vol.16 結果発表

          0
            今回は約70名のお客様にご来場いただきました。

            1位となったのはパッチワークスでした。

            パッチワークス「Λ」
            作:村山公一
            演出:村山公一・一井美紗貴
            CAST:中川遙・林幸恵・岡弥詠子・黒田早希・浜口慶夫

             
            C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 10:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            C.T.T.松山vol.16  11/7, 8 開催します!

            0
              日程:
              2015年11月7日(土)18:30〜
              2015年11月8日(日)13:30〜
              ※各作品は30分以内。終演後合評会(参加自由)をします。

              会場:シアターねこ(松山市緑町1-2-1)
              ※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

              チケット:上演協力金1000円(一般)、500円(高校生以下)



               
              C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 19:51 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              C.T.T.松山vol.16 参加団体募集〆切ました

              0
                C.T.T.松山vol.16 の日程は、
                2015年11月7日(土),8日(日)
                を予定しています。

                3団体が出そろいましたので、
                応募を〆切ました。
                 
                C.T.T.って何?という方は、こちらを。
                参加するにはどうすればいいの?という方は、こちらを。
                C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.16 * 18:44 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                このページの先頭へ