<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    C.T.T.松山vol.13みなさんの感想「コミカルパーティー」劇団とある

    0
      「コミカルパーティー」劇団とある の感想

      13:30
      ●話の展開が面白かったです。
      女性のちょっとした仕草が効果的で、また、ラストのシーンが印象的でした。
      ●笑いあり、心あり、とってもよかったです。
      鴨島さんが助けた女の子が後ろでちょこちょことっても可愛かったです。
      ●これからのふくらませ方が気になりましたが、一生懸命さのなかの「こわさ」もよかったネ。「切なさ」もあれば心動かされるかも…
      ●セットもスッキリしていて、話に集中出来た。

      18:30
      ●リズミカルで重い話をコメディっぽく作っていて楽しめました。
      ●気持ちよく爆笑できました。
      ブラックなことも含まれてるけど笑えるって大切だよなーって思いました。
      内容好きでした。
      ここの箱・尺・役者・装置等、全てにキレイに収まってて正当派を見た気がしました。
      これからもっと枠を広げてくれることを期待してます。
      ●星川>鈴木=大窪 この順で髪がツヤツヤでした。
      自分では思い付かないセリフ回しや設定に感動しました。本公演では、もう少し人数を増やした長編を観てみたいです。
      ●好き!!でした!!♡もっと他の作品も観てみたいと本当に思いました。
      役者さんの演技も心地良かった。
      「人って基本的に依存性の高い生き物だよね」っていう言葉を聞いたことがあります。
      描かれていた執着に、その部分を感じました。
      ●ラストにいくにつれて鳥肌の嵐でした。
      良い意味でゾクゾクしました。どんでん返し好きなので、ツボでした。
      女性の方かわいかったです。
      そういえば、雪降りましたね。
      ●心の優しい脚本を書くなと、驚きました。脚本書くの手伝ってほしいくらい良かったです。
      黒い服の演出よかってです。本公演、観に行きます。
      ●面白かったです。会話のコミカル、楽しい。言い回しや演出含め。
      役者も演出も楽しんでやってるなって感じて好感です。
      執着した人物の行き着いた先(助ける側)を違う見方をしてみたいです。
      劇団活動、面白い作品を期待しています。
      C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.松山vol.13みなさんの感想「∀(ターンエー)」パッチワークス

      0
        「∀(ターンエー)」パッチワークスの感想

        13:30
        ●舞台準備と片付けと効率的な舞台構成が印象的でした。劇中の歌詞や思いにキーがるのかもしれません。
        ●マスターベーション的な芝居(?)表現を見せられても…つまらない…時間返してくれる!?
        こう書くとオレらの事を理解してないと思われるかもしれんけど…つまらん。
        ●最初から最後までつまらなかった。自己満足の世界。

        18:30
        ●気持ち悪い感じはいいと思うんですけどね。
        もっと整理されてた方が見やすいかも
        ●村山さんがやりたいシーンを詰め込んだだけですか?
        通して何がしたいのか全く分かりません。自己紹介?
        本編みたら納得できるんですかね?Fightでーす!
        ●今まで見た浜口さんの演技の中で一番衝撃を受けました。すごい。
        ●小道具をあまり使わずに、というCTTの基本テーマ?とは少し離れているような…そんな気がしました。難解でした…。
        演じながら写真を撮っていた人がいたのは斬新だったと思ったんですが…。
        ●「役者やったことないのに」というセリフはわりとグサっときました。
        役者って何?スタッフって何?って思いながらみました。考えるポイントとして正解かは分かんないですけど…。
        ●1つの作品として成功させるには大変な労力だったと思います。
        写真を撮られてた演出がとても好きでした。が、正直怖い!先輩(演劇)ともっと優しく向き合ってほしい。
        ●怨念がこもっているような感覚。怨念でも何でも、心が入った舞台は好きです。
        本公演で怨念をぶちまけて欲しいです。アフタートークショーも含めて、期待してます。
         
        C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 11:20 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

        C.T.T.松山vol.13みなさんの感想「この星の屑たち」インザボックス

        0
          「この星の屑たち」インザボックス の感想

          13:30
          ●3つの電話の着信音が重なる所が、役者の立ち位置の立体感と重なって印象的でした。
          ●呼吸法とか滑舌とかアクセントとか……基本をちゃんとしましょう。耳障りな音(発声・発語・息づかいなど)が多すぎ。
          ●ありがちな感じ 

          18:30
          ●さわやかですね。
          面白いんですけど、ちょっとサラッと観てしまえてもったいないなと。
          ●テンポが早くてリアリティが薄いなーって思いました。
          これはフリーターしてる若者とかの薄さにリンクしてるのかしら?
          ポンポン進んで、何も最後はかわらない。というのは、ゆとりの私たちの世代が作る舞台なのかなーって思いました。
          ●演劇になじみのない役者から出てくるエネルギーは素晴らしいと再確認できました。
          ●スマホ使いが面白くて“ああ、あるある…”という光景でした。
          物語が終わる時に、こんな感じでこれからも「それでもぼくらは、ウソをつく」なのかな?と思いました。面白かった!
          今までもこれからも、連続して、終わりはないんだな…という感じがしました。
          ●前回の流れ星さんに似てるなぁ、と思いました。
          マモルさんのキャラクター好きです。
          ●携帯の着信音の使い方が好きです!人間、そう簡単に変わらないですよね…
          ●会話が、言葉の喋り方が意図的?(伊予弁ではなく)方言出た時以外にも。
          これからの活動、どうなっていくか楽しみにしています。
          C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 11:17 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

          C.T.T.松山 vol.13 結果発表&C.T.T.松山セレクションvol.5出場団体

          0
            今回も80名ほどの方にご来場いただき、ありがとうございました。

            今回の1位は、
            劇団とある「コミカルパーティー」(作・演出:星川直実)でした。

            次回のC.T.T.は、C.T.T.松山セレクションvol.5です。
            2014年度C.T.T.松山vol.11ーC.T.T.松山vol.13で、
            得票数が1位・2位となり、出場権を得た団体は、

            1位(C.T.T.松山vol.13 1位)
            劇団とある「コミカルパーティー」

            2位(C.T.T.松山vol.11 1位)
            一二三「父親」

            3月21日、22日のC.T.T.松山セレクションvol.5にもぜひ、足をお運びください。
            C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 09:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            C.T.T.松山vol.13 演劇3本立て 12/14(日)13:30 ,18:30

            0
              今回の3団体は、フレッシュな3団体。
              お楽しみに。

              ■パッチワークス
              「∀(ターンエー)」 作・演出 村山公一

              ■劇団 とある
              「コミカルパーティー」 作・演出 星川直実

              ■インザボックス
              「この星の屑たち」 作・演出 宇都宮翔太



               
              C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 16:00 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              C.T.T.松山vol.13 の開催は12月14日(日)の予定

              0
                開催予定は、12月14日(日)です。

                詳細が決まりましたら、またお知らせします。
                お楽しみに。
                C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.13 * 18:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                このページの先頭へ