<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

C.T.T.松山vol.11 みなさんの感想 「隠れ家」シアターねこ演劇教室

0
    【土曜日・夜】

    朗読劇?耳で聴いてしまったので。たくさんでてくる言葉のリアリティがあれば
     もう一歩前に。
    面白い脚本ですね。言葉と世界が豊かで。
     舞台やあかりの使い方も勉強になりました。
     役者さん、お行儀がいいなって思いました。良すぎる気も。
    すごく良かったです!北野さんがなんかいつもと違うような感じがあって
     素敵でした!!
    既存の作品なので評価することが難しい。
     基本を押さえた作品、何回か繰り返すと遊びがでて楽しくなってくるんでしょうね。
     
    【日曜日・昼】

    おもしろかった!
     他の話を読みたいと思った。かわしらしいなと思いました。
    空気感が何とも言えず素敵でした♡
    お疲れ様でした。世界観が好きです。
    淡々と展開する台詞が、話が進むにつれて効果的・印象的に聞こえました。
    ソデを通りながら会話したりするところが面白いなぁと思いました。
     セリフ量がかなり多くて大変そうでした……でも雰囲気のある役者さん達で、他のお芝
     居で見られる日がたのしみです。

     
    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 20:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    C.T.T.松山vol.11 みなさんの感想 「父親」一二三

    0
      【土曜日・夜】

      ●父さんBAR
      の設置は面白かったです。
       たんたんと話が進むので、前のめりになるシーンが欲しかったです。
      ●「父親」というのは、たぶんずっと持ち続けるテーマなんだろうと思いました。
       器用に格好良くやろうとしないでほしいなと。
       仕掛けがわかってからが、くどいかな。でもぐっとくるところもありました。
      あまり、感情移入できませんでした。。。
       親子の掛け合いとかすごくかわいくてほほえましかったです!
       でも途中ダメなむすこや・・・!ってなって殺す(?)シーンで、えーーー!!って
       なってよくわからなくなりました。あわわわ。でも最後のシーンがなんか好きでした。
      最初の父親と息子のキャラクターは逆のほうがしっくりきます。
       (理想の息子を提供する店)
       熱量がまだ荒い。もっとそぎ落として?今はこの熱量で良いのかも?
       ラストの殴り掛かりの時のBGMはOFFで。最後のカンパイは少しわかる。

      【日曜日・昼】

      前半のコミカルなシーン、本当に笑わせて頂きました。
       コミカルな西岡さんも好きです♡
       後半はすごく気持ちが持っていかれて思わず泣いてしまいました。
      音楽もあいまって一番雰囲気がかっこいい感じでした。
       前半・後半のテンションの起伏がすごかった。テンポが違うのは好きです。
      お疲れ様でした!
       父へのいろいろな気持ちがわいてきました。
      3つのシーンの背景・展開が印象的でした。
       父親の表情・言葉と子供の表情・演技とビンのシーンが印象的でした。
      父親役の西岡さんは雰囲気があって、自然で好きでした。
       それぞれの人の温度差が上手く出ててよかったです。
       ラストの選曲がちょっとしっくり来なかった気がします。
      役者にアドリブさせる隙をみせたらいけないと思います。
       役者が面白いって思っておこす行動は稽古場で出しきってみてはいかがかなと!
       
      C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 20:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.松山vol.11 みなさんの感想 「並置」250km圏内

      0
        【土曜日・夜】 

        ●あえて辛口コメントしてます。
         ただ、コンセプトインプロのワークを見ただけで、男女の関係性や人柄が全く見えて
         なかったです。
         繊細なムーブメントに集中する姿の先にあるものが、観たい。
         退屈ではなく、ひたすら眠かったです。男性が板付きの時、座りなおしたのが
         気になりました。
        ●見えない、もう一つの力みたいなものを感じました。
        私ならこれにどんな物語を読む、あるいは書くかなぁと思いながら、観ていました。
        といって、「少ない」訳ではなく、むしろ饒舌に感じました。不思議ですね。
        ●言葉では伝えられない、なんとも言えない感覚になりました。
         支え合ってる二人はなんだか動きづらそうで、でも支え合わないとくずれそうで。
         人間の身体のすごさみたいなものを感じました。
        ●入りからの期待感高め。動きのテンポの変化がもう少しあると見飽きることがなかった
         と思います。全体的に長め、もう少し短くあの時間内でもう1シーンを追加しても
         いいかと。
         支点が下に降りた時の支点から一番遠い指先の動き、負荷の弱まった時の身体の先端に
         目が行きました。

        【日曜日・昼】

        ●台詞なしでの演劇は初めて見ました。体幹、インナーマッスルが凄過ぎます!
         ずっとくっついた状態で交わっていたけど同じくっつくでもさまざまなくっつき方
         があるなと思いました。
        最初の方の動きは少しの明かりで見えていたのですが、後半明かりがなさすぎて
         闇の中でうごうごしてるだけにしか見えませんでした。残念です。。。
         動きはすごかったです。
        相当の筋力があるんだと感じました!
         じっくり、人間をみさせていただきました。お疲れ様でした。
        首ふり扇風機の音の強弱が絶妙なBGMでした。
         かなり難度のある動きが、照明の明暗で演劇が見えなくなるのが演出か否か
         わかりませんが、最後の風鈴の一鳴と合わせて、印象的なシーンでした。
         2人の動きは面白いのですが、表現とみるとストーリー・意味を考えてしまいます。
        「人によっては退屈してしまうかも・・・」とパンフレットに書いてあったのですが
         自分はそのタイプでした。ごめんなさい。個人的な好みに合わない作品でした。
         表現していることも身体的な能力も多分すごいことをされてるのかもしれないですけど
         何か、おいていかれてる気分&緊張しっぱなしでみててしんどかったです。
         
         
        C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 20:28 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        C.T.T.松山vol.11 みなさんの感想 「さくら」ノンデスペロ

        0
          【土曜日・夜】 

          ●奥さんに感情移入しました。
           やっぱり刺すよねーと思う、決め手の何かが欲しかったです。
          ●おおむね予想通り、想像通りなので、ここに何かひとつでも新しい何かが欲しいです。
           役者さん、チャーミングでした。
          ●とても丁寧で、間とか流れがキレイで夢中でみてました。
           それぞれの怖さが引き立ってて、うわぁぁ……ってなりました(笑)
          ●時系列をイジってみてはいかがでしょうか?
           CTTの1組目で大人しい始まり方は、なかなか観客を引き込むのに苦労するかと。
           ラストのニュースの台詞に大事な意味が込められてるのだろうけれど、せっかくなら
          演劇的手法で見せてほしかった。

          【日曜日・昼】 


          ●こんな女いるなーと思った。特に倉田さんの演技にひきつけられました。
           同じ女でも立場とか、考え方とか、信じているものが違って、違うために
           傷つけたり、苦しめたりしちゃうんやろなーと思いました。
          なにもないところで椅子が二つだけって演出が好きです。
           刺されたのですね。。。脚本は難しかったですが、怖い雰囲気でした。
          最初はどういうことかと思いましたが、後から二人の関係がわかったとき、
           ゾクッとしました!怖かったですけど、演劇的に面白かったです!
          椅子の配置が、2人の役者の関係が不明な時は平行が良いように感じましたが、
           話が展開されるにつれて、前後の配置と二人の力の強弱が効果的に見えてきました。
          女性同士の争いはおそろしいなぁと。そこは思い切ってて良かったです。
           台詞のないところで、心の声(何を考えているのか)を妄想しながら見てました。
           あまり見ないキャラクターを二人とも演じてて新鮮でした。
           最後のニュースの部分だけ、ちょっとういてる気がして、もう一歩・・・?

           
          C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 20:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          C.T.T.松山vol.11 結果発表

          0
            今回も、たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。
            今回は、C.T.T.松山では初めて地元・愛媛以外の地域からの出場がありました。
            東京で活動をしている「250匏内」です。
            また、地元の団体もC.T.T.は初登場の団体ばかり。

            そんな中で1位を獲得したのは、
            今回のC.T.T.出場のために組まれた限定ユニット「一二三」による「父親」でした。

            次回もどうぞお楽しみに。

            C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 00:17 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            C.T.T.松山vol.11  5/31(土),6/1(日)の開催に変更です。

            0
              C.T.T.松山vol.11
              日時は、5/31(18:30〜) ,6/1(13:30〜)

              今回は、出場団体が4団体です。


               
              C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.11 * 21:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
              このページの先頭へ