<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

C.T.T.松山vol.22 結果発表!

0

    12/22,23(土日)にC.T.T.松山vol.22を開催しました。
    ご来場まことにありがとうございました。

     

    今回はフレッシュなメンバーたちとの出会いを
    お楽しみいただけたのではと思います。
     
    さて、1位となった団体は・・・


    ピーナッツバター
    作・演出 小川晋平
    出演:小川晋平・奥村祥磨・サバイバー山下

    ・仙波光・マイン・あけみ・ちさと・宮平藤代

    ・るみお・あっこ・リン・ゆりあ

     

    次回は2019年4月頃にセレクションの開催を予定しています。

    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.22 * 10:55 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    12/22,23(土日) C.T.T.松山 vol.22開催します!

    0

      C.T.T.松山 vol.22

       

      【出場団体と作品名】※上演順

      パッチワークス「なのか」
      きよしこのよる「ラブレター」
      ピーナッツバター「蚊」

       

      【主催】NPO法人シアターネットワークえひめ(C.T.T.松山事務局)
      【日時】12/22(土) 18:30〜  12/23(日) 13:30〜

      【場所】シアターねこ(松山市緑町1-2-1)

      【料金】一般 1000円 高校生以下 500円
      【予約・問い合わせ】NPO法人シアターネットワークえひめ
      tel:089-904-7025(シアターねこ)

      mail:theater.neco2012@gmail.com

       

      C.T.T.松山 * - * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      C.T.T.松山vol.22 12/22,23開催決定!  

      0

        C.T.T.松山vol.22 12/22,23開催決定!

         

        3団体揃いましたので、募集を〆切ました。

         

        上演内容の詳細は後日、お知らせします。

         

         

        NPO法人シアターネットワークえひめ

        TEL:089-904-7025
        mail:tne0630@yahoo.co.jp

        C.T.T.松山 * - * 18:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想「Cast」

        0

          C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想「Cast」品部大和from peanuts

           

          12日土曜日

          〇おもしろかったです。バイト先の店長に似ていました。

          〇新しい。エネルギーを感じる。

          〇二本目がメタフィクションとして素敵でした。

          あの客席側の照明を」入れたセンス、あれはとても練られた構成の妙を感じました。

          もっともっと磨いてほしいです。とても素敵な顔、背中、声をされていたので。

          是非うちに出てください。連絡お待ちしています。

          〇人物として面白い方だと思いましたし、その面白いながらも中身、根はすごく真面目な方なんだろうと感じました。

          品部さんを初めて見たのですが、どのネタもすごく面白かったです。コンビでも見たいです。ファンになりそうです。(笑)よかったらもっとお話し聞かせて頂きたいです。

          〇足元を磨くように自分を磨こう。

          〇一人で何人もの人が演じられるなんてすごいです。

          〇初めて一人芝居を見ました。面白かったです。

          〇おもしろかった。才能はじけていますね。少し無駄なセリフが多いのでもっと練れば飽きられないと思う。

          〇すごく楽しかったです。おわらいで頑張ってください。

          〇くつの話が好きだった。

          〇何かくせになる物語でした。

          〇前、二人組でされてたときよりもパワーアップしてて、見ごたえありました。又期待しています。

          〇とても笑わせてもらいました。とってもおもしろかったので、ちょっと涙が出ました。ば行が好きな人のコントが一番好きでした。ありがとうございます。

          〇ば行とぱ行のくだりがすごく好きです。舞台頑張ってください。

          〇人間観察力やデフォルメ力があってスゴイなーと思いました。

          面白かったです。ネタどうやって作ってるのか気になります。

          歯磨き(笑)私も会社員、24歳です。応援したくなります。

          〇流石でした。

          〇一人でよく頑張りました。最初のオーディションはよくわからないけど、バーバボスの所はおもしろかった。50音ネタはいけると思う。最後の一人芝居は等身大でアルアルだと思う。

          〇今回一人でしたがトークがいい感じに」なっていましたよ。次回も楽しみにしています。

          〇本人の素なんだと感じた。しっかり練られていてさすがと感じた。

          一人でのエネルギーがすごい。ヤベーっすね。感服です。

          〇シンプルにおもしろかった。とても笑った。特にバ行パ行のところなどがよかった。色んなキャストに変化していてすごいと思った。

           

          13日日曜日

          〇新しい表現、これからもどんどん出てほしい。おもしろーい。

          〇暗転切り替えなしでテンポアップできる演出方法があれば、もっと楽しめたように思います。

          〇世界観が他とはちがった感じがした。

          〇大ラスのオチは途中で気付いてしまったかなあ・・・

          男はふざける生き物的なセリフ回しが一番笑えました。

          七色の老人の言葉のチョイスは良かった。

          ビブスの三番の謎。

          〇ちょこちょこ面白いとこもあるのですが、やりたいことに届くためにもう少し洗練が必要かなと思います。でもいいチャレンジだと思いました。後半はリアリティーがあって興味深かったです。

          〇イタリアとバ行が好きです。

          〇作品の世界観は自分が大好きなものでめっちゃ笑いました。

          〇話や話し方など面白く引き込まれました。

          歯を磨くだけで人を笑わせたり、表現が豊かですごいなと思いました。コンビの時の劇も見てみたいと思いました。

          〇おもしろかったです。歯磨きのヤツが好きです。

          C.T.T.松山 * - * 15:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想「りゅうりえんれんの物語」

          0

            C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想「りゅうりえんれんの物語」マ・ルビー

             

            12日土曜日
            ○物語が頭の中で想像できた。戦時中の国の様子など残酷なものだと改めて感じた。

            ○高瀬舟を彷彿とさせた。気味が悪い臨場感がよかった。とにかくはいりやすかった。

            ○現実だというのが驚きでした。古いようだが60年くらい前のこと、知ることができて良かったです。

            ○朗読をじっくりと生で聞くのは初めてで感動しました。実際のようには思えないのですが、本当にあった事なのでしょうか?日本人として罪の意識を感じた。

            ○朗読という表現の深さを感じました。

            ○北野さんがこの物語を伝えたいと思っていることが本当によくわかって、しっかり集中して耳を傾けました。いま自分が普通と思っている事全て幸せなのだなと思いました。

            ○30分の朗読を聞くのは初めてでした。初めは30分間も集中して聞けるか不安でしたが、風景や感情などがずっしりと伝わってきて、感じることができ、30分では物足りないくらいに感じました。今回の作品を聞くことができて良かったです。

            〇最初は少し難しく感じていたのですがとても引き込まれました。朗読を聞くのは久しぶりでとてもよかったです。

            〇通る声に聞き入りました。

            〇大変引き込まれる表現でした。

            〇声がきれいだった。

            〇感情豊かで心にしみました。

            〇最初はとっつきにくい内容かと思ったが次第に引き込まれてすばらしかった。

            〇もう少し声をつよくだすところがあってもよいと思う。
            声に変化をつけるとより伝わると思う。

            〇物語にひきこまれました。

            〇最初走りすぎていましたね、間の取り方、行間を大切に。

            〇声量、声質ともに優れていらっしゃって、また表現力も豊かですばらしいと感じました。
            戦争時代をしらない若い世代として日本のこともですが、外国との関りや、残酷であった当時の日本などの負の歴史も学び伝えていきたいです。質問にも答えていただきありがとうございました。自分も衝撃を受けました。

            〇照明の中に入るまでがとても素敵でした。

            〇景観が浮かんだ。
            テレビの予告、マルビーさんの朗読をきいて今回こようと思った。ガツンとくるものがあった。

            〇素晴らしい朗読でした。


            13日日曜日

            〇朗読というフォーマットのものを久しぶりに見ました。引き込まれました。

            〇久しぶりに朗読劇を見ました。安心できる声質がとてもよかったと思います。〇

            〇朗読劇は初めてみたのですが、面白い話をとても聞きやすく聞けて良かったです。

            〇情景が思い浮かぶ語りでした。

            〇ただただ長かった。物語の印象も残らなかった。
            明かりが必要だったのか。30分の朗読をすることでたったままということをなぜ選択したのだろう。初めて朗読時々いうものを見ましたが、もう朗読と名のつくものをみることはないだろうという感想です。

            〇りゅうりえんれんの人生、語りからスクリーンをみているようだった。お疲れ様でした。

            〇シンプルな朗読を聞いたのは初めてだった。新鮮だった。

            〇同じテンポで変化に乏しく、聞いていてどこにフォーカスしてよいのかわからずうまくうけとれませんでした。
            〇茨木のり子さんの詩は大好きです。集中して作品に没頭することができました。本も読んでみたいと思います。

            〇気持ちのこもった朗読でした。シンプルでよかったです。
             

            C.T.T.松山 * - * 15:38 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想「言実言想」

            0

              大変、遅くなりましたが、

              C.T.T.松山vol.21のみなさんの感想です。

               

              「言実言想」      キミノクニ

              2018.5.12.土曜日18:30〜

              あえて抽象舞台であったため辞書の存在が引き立ってよかったと思いました。空間にリアリティーがあって入りやすい劇でした。テーマが斬新でおもしろかったです。一人一人がまだまだ消化不良なところもあると思うので明日までもう一回、役と話しを落とし込んで頑張ってください。

              〇台本と舞台の立て付けがとても好みです。そして反応が丁寧、何気ないくせ等役の個性を言葉ではない立ち姿や仕組みで差別化していたこととても大好きです。

              〇応援しています。頑張ってください。

              〇はきはきした口調だった。仲間を感じた。

              〇照明をもう少し頑張ってほしかった。

              ○主題としているところがあいまい。

              入部してくるかもしれない受験生とOBとの何も関わり合わない時間は必要?

              何の為の間なのかな?

              ○4人で一つのステージ頑張っていましたね。

              ○間の取り方はもう少し改善がいると思う。

              ○必要なのかもしれないが、沈黙のお芝居が長すぎる。ちょっと???が素直な感想。

              ○沈黙の時間がすごく印象的でした。

              ○おもしろかったよ。ありがとう。

              ○楽しそうだった。

              ○淡々と流れる卒業生と新入生の時間と会話に何のやりとりがあったのでしょうか。

              ○なんとなく自分の大学時代のことを思い出しながら観てました。出ていく人と入ってくる人の会話、うまく話が成り立ってて面白かったです。

              ○普段当たり前のように使っている言葉の奥深さを感じました。

              色々な言葉を説明するとき、わたしは何というだろうと考えさせられる。ありがとうございました。

              ○辞書が完成した時の感動が感じられなかったですが、劇中に共感出来るところやクスッとくるところがあってよかったです。私も同じ2回生なので堂々としている姿に励まされた気分です。静かな所は歩き回るのが展開につながるのかと思いました。

              ○演出の中でちゃんと本を読む無言の時間を作っているのが素敵だと思いました。4人がなぜ言葉に興味があるのかもっと知りたかったです。

              ‘演劇の枠に収まるリアル‘の演劇の枠はもっと疑ってよいと思いました。せっかくの挑戦が小さくならないために。

              ○言葉は時代、人によって移ろっていくものだと感じました。

              ○前座の二人のテンポがよかった。主役の二人は可愛らしく花があった。無言の時間が長い所がちょっと間延び、演出の意図はあるにしろ観る側の集中力が続かなかった。

              ○言葉の存在感は強く良かったが、間の使い方が悪いと思った。新入生の手持無沙汰感は感じたが集中力がとぎれる。分かる人がいるかも、大衆受けはしないかも。ストーリーの構成は入り易く、わかりやすく楽しめた。

              ○声が良くて、言葉一つ一つが耳に残る。少し無言の所が長いと感じた。

               

              ◎13日日曜日13:30〜

              ○しゃべらない間が印象に残っています。「舟を編む」を思い出しました。

              終わり方がもう一つという感じでした。

              ○目の前で起きていることがどう伝わるか、どう見えるかを演出家がもっと厳しく突き詰めていけるとステップアップできるのではないかと思います。

              ○言葉について自分でも考えた時間になった。

              ○どろくさい。

              ○コトダマ部というのは面白い発想だと思います。伝えたいことがあと少しはっきり見えるといいかなとおもいました。みなさん落ち着いていて、いい感じの芝居でした。メリハリがもうちょっとあってもいいかなと思います。でもいい空間になってました。まじめに泥臭くて可愛らしかったです。

              ○「舟を編む」という映画そのまま。学生ならではの視点も物足りなかった。はなちゃんの声はよかった。無言のシーンは長かった。ド頭のシーンはいらなかった。

              〜子どもも老人も〜の下りで、「日本人も外国人も」のところで何も動き〜カラダの使い方〜がなかったのが残念でした。

              ○大学の部室の空気感を上手く表現できていたと思います。

              ○部屋セットが少し気になった。久松君らしくてとても楽しめました。

              ○今回公演を打ってみて得られたことがあったら教えて、よろしく。

              C.T.T.松山 * - * 15:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              C.T.T.松山vol.22(12/1,2開催予定)チャレンジャー募集中! 申込〆切10/31

              0

                C.T.T.松山vol.22(12/1,2開催予定)チャレンジャー募集中! 


                C.T.T.松山vol.22は、12月1、2日(土日)にシアターねこで開催予定です。

                申込〆切は10/31です。

                ライブパフォーマンスならなんでもOK!

                新しいことを試してみたい方を応援しています。

                どうぞお申込みください。

                 

                NPO法人シアターネットワークえひめ

                TEL:089-904-7025
                mail:tne0630@yahoo.co.jp

                 

                C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.22 * 15:02 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                C.T.T.松山vol.21 結果発表

                0

                  5/12,13(土日)にC.T.T.松山vol.21を開催しました。
                  ご来場まことにありがとうございました。

                  今回は異業種戦のような形になり、
                  いろいろな舞台をお楽しみにいただけたのではと思います。
                   
                  さて、それでも投票結果というのはありまして、
                  1位が決まりました。

                  1位は以下のとおりです。

                   

                  品部大和 from peanuts「Cast」
                  作・演出 品部大和
                  出演:品部大和

                   

                  次回は2018年9月22日、23日を予定しています。

                  新たな挑戦者をお待ちしています。

                  C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.21 * 09:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  C.T.T.松山vol.21 開催します!

                  0

                    C.T.T.松山vol.21

                     

                    久々のC.T.T.です。

                     

                    【出場団体と作品名】※上演順ではありません。

                    品部大和 from Peanuts「Cast」
                    キミノクニ「言実言想」
                    マ・ルビー「りゅうりぇんれんの物語」

                     

                    【日時】
                    5/12(土)18:30〜
                    5/13(日)13:30〜

                     

                    【お問い合わせ・お申込み】
                    C.T.T.松山事務局(NPO法人シアターネットワークえひめ)
                    TEL:089-904-7025
                    Mail:tne0630@yahoo.co.jp

                     

                    C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.21 * 22:19 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    4/6(金)申込〆切 C.T.T.松山vol.21(5/12,13開催予定)参加者募集中!

                    0

                      C.T.T.松山vol.21は、5月12、13日(土日)に開催予定です。


                      出場団体の申込みを4/6(金)まで受付けます。
                      申し込み期間が短いのですが、出場をご検討されている方はお早目にお申込みください。

                       

                      C.T.T.松山 * C.T.T.松山vol.21 * 16:09 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ